妊娠したなら葉酸を取ろう|成長を手助けする

医者
サプリと水

妊婦に必須の栄養素

葉酸は赤血球を作る働きをしていることから造血のビタミンと呼ばれている栄養素です。葉酸は貧血予防、妊婦の健康維持、胎児の発育を助ける重要な働きをしています。バランスの良い食生活を心掛け、サプリメントで補うことで不足を防止することができます。

診察室

無理のない治療を

大阪で不妊治療を行うなら、ネットのHPなどで情報を収集すると良いでしょう。医師に直接わからない事など聞いて信頼関係を築き治療に臨みます。働きながら不妊治療をする場合には、立地や予約方法、スケジュールの立て方なども選ぶポイントになります。

医者

子供がほしい人の治療

大阪で、体外受精の不妊治療が人気の理由は、自然妊娠が難しいカップルでも、自分の子供を持てるからです。体外受精は、卵子を取り出して、体外で受精させる治療で、卵管などに異常があっても、妊娠することができます。年齢が高くなると、妊娠しにくくなるため、早めに治療を行う工夫が必要です。

大切な赤ちゃんのために

妊婦

必要な栄養素を摂るには

妊娠初期に葉酸を積極的に摂ることで、お腹の中にいる赤ちゃんに良い影響を与えることができます。まずよく知られているのは、神経管障害の予防です。脊髄は体内にいる4週間から12週間ほどで形成されますが、その際に何らかの理由で形成不全に陥ることがあります。そうなった場合、多くは脳の形成不全または死産ということになってしまいます。葉酸は、その神経管障害の発生リスクを下げてくれるとして注目されている栄養素です。これを妊娠初期に摂ることで、神経管の形成不全の確率を実に5割から7割ほど下げてくれるといわれています。この栄養素を必ず摂らなくてはいけないという明確な決まりはありませんが、摂ることによってよい効果が得られることはわかっているわけです。ならば、それを活用しない手はないといえるでしょう。

食物やサプリから摂取する

とりあえず、葉酸を妊娠初期に摂ることが良いということはわかりました。では葉酸は、どんな物から摂取していけばいいのでしょうか。実は葉酸は普段食べている食事にも含まれているので、それほど意識して摂らなくても大丈夫なところがあります。たとえばレバーや納豆、モロヘイヤやホウレン草なども葉酸の多い食品です。これらは日ごろの食卓にも用いられるので、特に苦労せずに摂取していくことができるでしょう。ただ食品によっては、アレルギーや好き嫌いがあって食べられない物もあります。他にも妊娠初期なら、つわりで思うように食べられないということもおこりがちでしょう。そんな場合でも、サプリメントで摂取できない分を補うようにすれば問題ありません。サプリメントは栄養を摂取しにくい時に飲むのに最適な健康補助食品です。気になる副作用の心配もないので、妊娠中に飲む際にもお勧めです。